右腕の形とトップ

ゴルフスイングの基本としては、右腕の形をコンスタントであればトップ・オブ・スイングもすんなり決まるものです。トップが安定しないとゴルフスイングも一定になりません。再現性という要因はゴルフスイングの成功確率を高める上で、欠かせないポイントです。

しかし、出たとこ勝負のようにラウンドするたびにスイング軌道が安定しないゴルファーも多いのです。出来の善し悪しの違い大きすぎるということです。当人は、いったいどこに原因があって、安定したゴルフスイングができないのか、ずい分と悩むことでしょう。ここでは、「ゴルフスイングの情報サイト」を参考にしています。

ゴルフスイングがばらばらになるのは

いつもゴルフスイングがばらばらになるのは、本質を見ると、トップ・オブ・スイングの位置の決まり具合がしっかりしているかどうかにかかっているように思えます。ダウンスウィングのスタートとなるのがトップ・オブ・スイングですが、これが安定していないので、スイング軌道も一定ではなくなるのです。

この思考を深めてみると、とりあえずトップ・オブ・スイングを固めることがゴルフスイング全体を大きなテーマであると認識できるでしょう。右手でトップ・オブ・スイングの形を作り、そこに左手の平を重ねてみましょう。

トップをしっかりと決めるためには、まず右腕だけでトップ・オブ・スイングの形をつくります。右耳の真横に右手を上げるのです。右手の平が、正面でやや上に向く形です。次に右手に左手の平を、重ね合わせてみましょう。左肩を右に回し込んで、左腕を伸ばして両手を合わせてみるのです。

基本になる動作はこれだけでおしまいです。手を上げる位置が安定しないでスイングが狂うかのですら不安定になるのであって、手の位置さえコンスタントに同じであれば、必ずスイングも一定してくるでしょう。